ここからスタート
トップページ
流域の水を学ぶ
機関誌
市民講座
アカデミー
見沼田んぼ見山 de 実践活動
市民田んぼ
水源地に理解と協力
上下流交流
見沼田んぼ見山地区で里地(田んぼ)・里山(斜面・平地林)保全活動
水のフォルム市民田んぼ

活動場所   活動予定表  活動日誌  生き物たち
東京湾の赤潮・青潮、芝川のヘドロに配慮して、循環型伝統農法で米作り。
連絡先 藤原  TEL:048-834-0187  お問い合わせ


2013年10月16日 台風一過
大型で強い台風26号が16日午前、東海から東北の広い範囲を暴風域に巻き込み、
東京・伊豆大島では、多くの人命・人家が泥に埋まり、甚大な被害を受けました。
この日、見沼田んぼは一面水面。その落し(排水河川)の芝川は堤防の天端近くまで高水位。
「見沼田んぼの遊水地機能」が河川施設とともに芝川沿岸、ひいては東京下町の水害防止に貢献しました。
野菜は泥水に浸かりましたが、稲はもみ殻が守ってくれて、
倒壊したノロシを作り直し、ハサをかけ直して(2日かかりましたが)、無事収穫できました。
自然には振り回されるけど、それでも自然の恩恵に与ることの方がずっと多い。
自然と共にある活動だから、それが分かる。

 

●頭も体も無になる酷暑のカッパナシ●人が休憩する脇で卵を産むなんて!● 用水路ゴミ拾い後は埼玉リコーチーム主催でかき氷


●お母さんは田の草取り、太平くんは生き物観察●ゆう子ちゃんもお兄ちゃんたちも!?お手伝い●田植え・稲刈りはメンバー総出


●やっとハザ掛けしたのに!!●朝までの豪雨には耐えたのに、朝からの暴風でノロシ倒壊●芝川の水門締めてる?水が引かない


●ノロシが唸りハサが耐え切れず水中に落ちていく●駆けつけてくれたメンバーに感謝●何事もなかったように夕日の中の新都心


水のフォルム市民田んぼについて
■里地・里山保全活動の目的
水のフォルムでは流域の健やかな水ネットワーク保全を目的に活動しています。活動地の見沼田んぼの水は、
群馬県の大水上山に始まる利根川−見沼代用水東縁−見沼田んぼ−芝川−荒川−東京湾とつながっています。
田んぼが一つ消えれば水みちはそこで終わり。また田んぼを残して水みちを保全しても、用水には上流の下水
処理で処分できないチッソ・リンが多く含まれていますので、さらに肥料を投入すると下流の水域が富栄養化
し、芝川のヘドロ化や東京湾の赤潮・青潮の原因になります。そのため無農薬は当然ですが、田の除草を兼ね
たカッパナシで窒素を固定したり、レンゲを育てたり、ヤマ(斜面林・平地林)の落葉で堆肥を作るなど、でき
るだけ流域内資源で米を育てています。ですから、水のフォルム市民田んぼは水の浄化施設。というと難しく
思われるかもしれませんが、この農法はつい最近まで日本の米作りの当り前の作業でした。日本の循環型伝統
農法による米作りを通じて流域の水ネットワーク保全、地域の環境保全に貢献したいと思い活動しています。

■水のフォルム市民たんぼ開設の経緯  
水ネットワーク保全には、田んぼの持ち主である農家の理解と協力が必要です。しかし見沼田んぼは農業振興
地域、非農家である市民は勝手に入り込めません。そこで水のフォルムでは、農地法に基づく支援体制を築く
ため、用水路のごみ拾いや草取り・草刈りで農家を支援する「援農」を7年続けてきました。その活動が認め
られ平成20年4月10日、さいたま市農業委員会より市民農園開設を承認されました。1年、3年のお試し期
間を経て、現在3年契約の1年目。そのような経緯から、活動の目的は流域の健やかな水ネットワークの保全
ですが、それを実践するには農家とよい関係を構築する必要があり、市民農園の開設条件も周辺農家に迷惑を
かけないことが第一の条件になっています。幸いこれまで参加された方々の協力で農家、そして地域共同体と
よい関係を築くことができました。この関係を大事にしたいと思います。皆様のご理解ご協力お願いします。
  

■お礼  
当活動は、「水のフォルム市民田んぼ」に参加し、手間暇のかかる伝統農法で作業してくださっている方々、
集落の一員として受け入れ、さまざまにお力添えくださっている見山地区農家の方々、人手の足りない平日作
業や手が回らないヤマの下刈り等に駆けつけてくださるご近所の方々、素人では手に負えない大木の伐採に県
内各地から応援に来てくださるNPO法人森林サポータクラブなど、多くの方々によって支えられています。
また、(財)日本グラウンドワーク協会、(財)サイサン環境保全基金、(社)農村環境整備センター「田んぼの学
校」、(財)日本環境協会「東京ガス環境おうえん基金」、埼玉県の「森林ボランティア育成事業」「彩の国み
どりの基金」「農との共生田園都市豊かなくらし満喫事業」、農水省の「農地・水・環境保全向上対策事業」
「食と地域の交流促進対策事業」等、さまざまな形でご助成いただきました。ここに厚くお礼申し上げます。




見沼田んぼでは、ほかにもいろいろな団体がいろいろな活動をしています。
「見沼たんぼ・ さいたま市&市民ネットワーク」案内
「私の好きな見沼田んぼ」写真コンクール作品集