ここからスタート
トップページ
流域の水を学ぶ
機関誌
市民講座
アカデミー
見沼田んぼ見山 de 実践活動
市民田んぼ
水源地に理解と協力
上下流交流

流域の水をつなごう作戦
水のフォルムの上下流交流会、
H30年度は8月22日(水)、利根川中流部にある利根大堰を基点に
武蔵水路を遡り、見沼代用水路を下る見学会を実施。
都市用水路・農業用水路が錯綜する埼玉ならではの水路網を下記報告書にまとめました。

H30年度第6回『上下流交流報告』


●利根大堰で記念撮影。暑かった!!

●武蔵水路、荒川に合流(鴻巣市糠田)●星川に十六間堰、見沼代用水路に八間堰(久喜市菖蒲町)●見沼代用水、瓦葺(上尾市)で西縁・東縁に分流

H29年度第5回『上下流交流報告』
H28年度第4回『上下流交流報告』
H27年度第3回『上下流交流報告』
H26年度第2回『上下流交流報告』


見学会等の催しも盛りだくさん。
2013年8月11日、上下流交流のスタートとして、
太田猛彦「本多静六賞」受賞記念講演会&上下流交流会を開催しました。
秩父市大滝の森とダム見学の上下流交流も続けています。
そして「生き物観察会」も。
ご期待ください。

※上下流交流は多面的機能を発揮する森林管理の実現が目的。
その手段として「FSC認証制度」を考えています。